好奇心の泉(チョットでも気になることなら何でも)

私の好奇心をくすぐるものならなんでも書いていくブログです。
MENU

那須高原は遊び処満載の高原リゾートだけではない

那須の日帰り温泉ランキング

 

道を歩けば美痢館に当たる…とは大けさだが、那須高原には数多くの美術鱈が点在する個人のコレクションから蛤まり、世界でもここでしか見られない作品を展示する美術館やトリックアートや3D峡像で楽しめるテーマ館など、それぞれに個性があり存分に楽しめる。

 

アート

 

那須高原 私の美術館

独創的な芸術に魅せられる。芸術家、此木三紅大にのきみ估)氏の作品を紹介する美術館。金属を熱し、曲げたり、模様を付けたりした鍛造彫刻をはじめ、絵画壁画など数々の作品が並び、氏の多才ぶりを感じさせる。ガラス絵体験教室を開催。

 

ダイアナガーデンエンジェル美術館

愛らしい天使の美術装飾品を見る。ヨーロッパを中心に世界各国から集められた天使をモチーフにした美術装飾品約80点を展示。英国風の庭園には、バラやコスモスなど四季の花々が咲き、な賞を兼ねてこの美術館を訪ねに来る人も少なくない。

 

ガラスの芸術エミールガレ美術館

19世界的にも貴重なガレの作品を展示。世紀末のフランスを代表する工芸家、エミール・ガレのガラス作品を展示する美術館。数々の作品のなかでも「トリステスの花器」は100年の間、人目に触れることがなかった幻の品で、青く輝く幻想的な美しさに魅了される。

 

那須ステンドグラス美術館

心洗われる光の芸術品を鑑賞。礼拝堂を模した館内で見るティファニーやウグラスが圧巻。約45点の光の芸術品を見られるほか、アロマの香りやパイプオルガンの演奏なども楽しむことができる。イリアム・モリスなど有名作家のステンド。

 

穐葉アンティークジュウリー美術館

目移りするほど美しい装飾品。産業革命以後の装飾技術の発達により、美しくかつ精緻な数々の装飾品が生み出された16?19世紀のヨーロッパ。館内には、この時代を代表するにふさわしいアンティークジュウリーの
貴重なコレクション!が展示されている。

 

ニキ美術館

独特の世界観が作品から伝わるフランスの女性彫刻家、ニキ・ド・サンファルが手掛ける初期?晩年までの作品約200点を収蔵した美術館。代表作「ナナ」をはじめ、魔女、結婚、出産といった女性をテーマにしたメッセージ性の高い作品が並ぶ。

 

 

ユニーク

 

アメリカンスーパースター博物館

憧れのスターの愛用品が揃うバスケットの神様、マイケル・ジョーダンのユニホームやマリリン・モンローの24金のレコードなど、ファン垂涎の品々が並ぶ。

 

那須高原3D宇宙・恐竜館

迫力ある立体映像が大人気神秘のベールに包まれた宇宙と恐竜を3D映像にしてわかりやすく紹介したテーマ館。

 

3Dメルヘン水族館

魚が目の前を泳ぐ立体水族館スクリーンに泳ぐ魚たちを3Dメガネで見て楽しむ水のない水族館。250インチの大画面に映し出される熱帯魚が目の前を泳ぎ、まるでダイバーになったような疑似体験が楽しめる。

 

とりっくあーとぴあ (ミケランジェロ館)

フッと驚く写真が簡単に撮れる。平面に描かれた絵が浮かび上がって見えスるトリックアートを使って、風変わった記念撮影が楽しめる。

 

ジュラシックメイズ・スタジオ館

立体恐竜にドキドキ!壁を割って突き出たような恐で竜の絵(トリックアート)に驚くアミューズメント館。恐竜が潜む迷路を探検家の気分で歩く設定で、迷路の不安感と恐竜の立体的な絵の迫力にドキドキしてしまう。

 

 

ホビー

 

那須クラシックカー博物館

時代を築いた名車を鑑賞。世界各国から集めた貴重なクラシックカーを約53台展示する博物館。2階には世界のポリスマングッズが並び、こちらも興味深い。

 

那須オルゴール美術館

技術の高さにも驚かされる。19世紀から20世紀初頭に作られたディスク式やシリンダー式のオルゴールを約100点展示する美術館。見るだけでなく、10時から1時間ごとに20分間の演奏も楽しめる。

 

タイムスリップおもちゃの美術館

童心に返って楽しめる。ゴジラやマジンガーZなど、子供の頃に遊んだ昔のソフトビニール人形に、思わず「懐かしい」という声が出るテーマ館。マニア垂涎のブースカ人形などは必見だ。

 

那須テディベア・ミュージアム

珍しいテディベアにも出会える。世界中から愛されているテディベアを2000体収蔵する術館。テディベアの歴史を綴った資料や100人の作家による個性的なテディベアの作品なども並ぶ。

 

 

那須は高原やサファリパークなどのレジャースポット満載の那須。実は温泉も魅力のひとつなんです。数ある那須のホテルや旅館には、日帰りでも温泉を楽しめる宿泊施設があります⇒那須の日帰り温泉ランキングでお気に入りのホテルを探してみませんか?一日中楽しめる大型スパ施設、眺望抜群な露天風呂、岩盤浴のある温泉など、日頃の喧騒を忘れて温泉お楽しみください。

 

» 続きを読む

オーボエ初心者があれよあれよと言ううちに吹けるようになった練習方法

オーボエ 初心者 練習方法

 

クラシック好きの方に、実はとても人気の楽器があります。もしかしたら、あなたも「そうそう、この楽器の音が本当に好きなんだよね」と思われるかもしれません。何の楽器なのかというと・・・それはオーボエです。あなたも一度はこの音に憧れたことはないでしょうか。

 

オーケストラのコンサートに行くと、必ず演奏前に音を合わせます。その音合わせ(=チューニング)の時、最初に音を出しているあの切なく、美しい音色の楽器。それが『オーボエ』です。クラシックファンの中には、このオーボエが好き、という方も大変多いです。

 

特に、のだめカンタービレという漫画原作のドラマ化、映画化されたあのお話では、オーボエの黒木くんが活躍しますね(笑)なので、一度はオーボエを吹いてみたいな〜と思われる方も多いようです。しかし、大きな壁が・・・。「教えてくれる人がいない」そうなのです。オーボエは教えられる人が少ないので、やってみたいと思ってもなかなか始められないのですね。

 

それをついに、解消できるものを発見しました。今すぐ見てみてください⇒オーボエ初心者の秘密の練習方法。この講座の凄いところは、本場ウィーンで学んだ先生が教えてくれるところ。しかも、ただのテキストではなく、DVDで分かりやすく解説をしてくださっています。

 

というのも、オーボエを吹きたいのに上手に吹けない学生さんや、全国のオーボエ愛好家のかたのお声にお応えし、プロの奏者が本気のオーボエ教材を制作したからです。このオーボエ教材が、今、全国の吹奏楽部で取り入れられたりと大人気なんです♪さらに、あの世界的なオーケストラ、ウィーン・フィルハーモニーで、オーボエを吹いていたトゥレチェック氏が推薦。これは、期待できそうですよね。

 

初めての方でも取り組めるように、楽器の組み立て方からお手入れ方法、音の出し方、構え方。本当に親切に一から教えてくれています。なので、「実はオーボエ吹きたかったんだよね」という隠れオーボエファンの方にも大好評なんです。そもそも、オーボエ教室が近くにない、という方も多いです。また、決まった時間に決まった場所に通うのも難しいです。となると、家で本格的なオーボエレッスンが受けられるというこの教材は、本当に理にかなっているんですね。

 

ですから、私はこのオーボエ上達講座を紹介したいと思いました。自宅で楽しく、ラクラク「オーボエ上達」を叶えるレッスンです。講師は、本場ウィーンのオーケストラで主席オーボエをされていた佐藤亮一先生です。佐藤先生の解説はとてもわかり易いです。なぜなら、何となくこんな感じ、という抽象的な解説ではなくとても具体的に「ここに力を入れてこうするとこうなる」という話をしてくださるからです。

 

そんな分かりやすいけれど本格的なオーボエレッスンをあなたもご自宅で受講できます。方法はとても簡単。DVDとテキストが届くので、DVDを見るだけです。口元、手元のアップや、横からのアングルなど、とても分かりやすい映像で解説されているので、見て、吹いてみるだけでグングン上達するでしょう。

 

» 続きを読む

赤ちゃんの産み分けで使うゼリーとは

小作り産み分け

 

これまでの説明でおわかりだと思いますが女の子あるいは男の子を望む場合、膣のなかが酸性かアルカリ性かというのは、とても重要なことになります。排卵日を考慮することや、オルガスムスを感じるか感じないかということも、この酸性とアルカリ性の問題に関係があるからです。

 

では、酸性、アルカリ性という環境を人為的につくれないか、ということで考え出されたのがこれからお話しするゼリーです。これはイギリスの産婦人科医、ジョン・ポラード博士が開発したもので、女の子を生むピンクゼリーと男の子を生むグリーンゼリ(イギリスではブルーゼリー)とがあります。

 

どちらも自由に選択して生めるということで「チョイス」とも名づけられています。実は、ポラード博士の奥さんとその友人が「女の子を欲しいときはビネガーを使い、男の子が欲しいときはベーキングパウダーを使うといい」という話をしていたのを、偶然博士が耳にしたのが、このゼリー開発のきっかけだといいます。

 

ビネガーは酸性で、ベーキングパウダーはアルカリ性です。そこで博士は考えました。「では、それと同じようなものを化学的な物質で、しかも無害なものをつくればよいのではないか」と。そして、ビネガーを化学変化させた「ピンクゼリー」と、ベーキングパウダーを化学変化させた「グリーンゼリー」の開発にいたったのです。

 

この産み分けで使われるゼリーですが、実は日本製の類似製品もあります。海外のゼリーを使うのも良いかもしれませんが、日本人には、やはり日本製のゼリーを使いたい方も多いことでしょう。⇒産み分け.netで安心度の高い日本製ゼリーをお試しください。

» 続きを読む

このページの先頭へ